平和と友好 中日関係の原點と未來 忘れてはならないこと

「母さん、この寫真はいつ撮ったの

「ああ、これは二十年前に父さんと戀愛していた時よ。」

「じゃあ、これは?」

「へー、この寫真まだあったの?どこから見つけてきたの?この寫真の人は二十年前に日本から中國に來た國永さんよ。」

「え、父さんと母さんに日本人の知り合いがいたなんて…。」

二年前の夏、私が今の大學の日本語學科に合格した後、母とともに以前の寫真を見ていました。すると、私が全く面識のない年配の人が両親とともに寫っている寫真がふと目に留まりました。驚いたことに、外國語ができない両親が二十年前にこの日本人と仲が良かったというのです。國永さんの中國での経歴を聞き、以前の日本人に対する消極的な印象と感情が大きく変化しました。

國永さんはある有名な化學工業會社の會長でした。私の故郷である、山東省淄博市の最大の化學工業會社の塩素工場を建設する際、國永さんを代表とする日本の専門家達が現地を訪れ、協力してくれたそうです。當時、父は塩素工場の従業員で、母は中日雙方の通訳さんの助手をしていました。母は毎朝、日本の専門家達とともに朝禮に參加しており、そこで國永さんと徐々に親しくなったそうです。

「母さん、國永さんはどんな人だったの?」

「そうね。國永さんは非常に仕事に真面目で、責任感のある人だったわよ。塩素工場の作業場のうちの一つが試運転していた時、爆発しちゃったことがあってね、大きな音がして現場にいた中國の従業員達は慌てて工場の外に逃げたんだけど、日本の専門家達は危険を顧みず、足早に現場に走っていったの。會長さんもすぐに施設の補修工事を始めたから、すごくびっくりしたわ。そんな責任感のある人を見たことがなかったし、日本経済が発展した理由が少し分かったわ。」

「へー、すごいね。もし僕が現場にいたら、一目散に自分の家に逃げただろうな。」

「そうそう、お前のおじいちゃんは中國の內戦と朝鮮戦爭に參加したから、外國人に対して印象があまりよくなかったけど、この事故が起きたことで、日本の専門家達のことを心から尊敬するようになったのよ。」

「そうか。」

「でも、私が一番感動したのはこのことじゃなくて、國永さんが定年退職した後に、また中國に來てくれたことなの。中國側からも日本側からも給料は出なくて、二年間自分のお金で父さんの工場の設備を補修してくれていたの。彼の恩情は絶対に忘れられないわ。國永さんに會うたびに、必ず深くお辭儀をしてくれたの。地位がそんなに高い、六十歳を超えた人が若者をこんな風に尊重してくれるなんて、恥ずかしかったけどすごく感動しちゃったよ。」

國永さんのことを聞いて、日本人への感情が一変しました。中國と日本の民間交流は數千年間続いています。しかし、二十世紀以來、中日関係の起伏は激しく、大多數の中國人にとって「日本」「日本人」という言葉は単なる名詞ではありません。日本というと、マイナスの感情を持っている中國人が大勢います。実は、日本人が中國に見返りを求めず助けてくれた逸話は數え切れませんが、多くの中國人はそのような事実を知りません。私はこのような美しいエピソードを多くの中國人に知ってほしいと思います。歴史を正しく見れば、中日関係の美しい未來が実現できます。

「あ、そうだ。長らく國永さんと連絡を取っていないから、今度のクリスマスには是非國永さんにハガキを出すわ。」母が懐かしそうに言いました。

「うん、じゃ、僕が翻訳を手伝うよ。」私は微笑みながら言いました。

 

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850
31选7规则及奖金