おもてなし(盛情款待)

2019-10-09 08:39:05

=福井ゆり子 翻訳/編集=銭海澎

 

お客さんが來れば、お茶を出し、腕によりをかけて料理をつくり、相手が気持ちよく過ごせるようにいろいろ気を使って、もてなす。これは、日本のみならず、萬國共通の精神だろう。しかし、外國人観光客の急増のためなのか、はたまた東京オリンピックに向けてなのか、最近やたらと「日本的おもてなし」とか「おもてなし文化」いう言葉を聞くようになった。

如果家里來了客人,我們通常會上茶,使出看家本領制作美食,想盡辦法讓客人度過一段心情愉快的時光,這就是盛情款待。我想這不僅僅是日本的待客之道,也是世界各國所共有的禮儀宗旨。然而,不知是外國游客激增的緣故,還是為了迎接東京奧運會的召開,最近,我忽然聽到大量諸如“日式款待”“款待文化”這樣的詞匯。

 

「おもてなし」は、「もてなす」の名詞形「もてなし」に丁寧の「お」をつけた言葉であり、「おもてなし協會」のホームページによれば、もっとも洗練され上品なマナーによる、 日本の伝統的なホスピタリティの方法とのことで、當たり前のサービス、例えばおしぼりを出すだけでは「おもてなし」とは言えず、出すときにねぎらう言葉を添えるとか、レモンなどの爽やかな香りのするおしぼりを使うとか、予想外の心のこもったサービスを受けて人は感動する、それが「おもてなし」の心であるという。

「おもてなし(盛情款待)是在動詞「もてなす」的名詞形「もてなし」前面加上表示禮貌的接頭詞「お」而形成的詞匯,據“款待協會”主頁上的介紹稱,這源自最講究最高雅的禮儀,是日本傳統的“熱情周到”服務的體現,而像僅僅遞上毛巾這種起碼的服務,不能算是“盛情款待”,要在遞毛巾的同時附加一些慰勞對方辛苦的話,或是使用散發著檸檬等清爽香氣的毛巾,讓客人為享受到意想不到的貼心服務而感動,這才是“盛情款待”的真諦。

 

でも、私は「おもてなし」がちょっと苦手だ。「おもてなし」というと、高級旅館で仲居さんが3つ指ついて、「ようこそいらっしゃいました」と頭を下げる場面を連想するからだ。もともと庶民の生まれなもので、人にかしずかれるようなサービスを受けることに慣れておらず、こうした高級旅館では逆に「人に気を配られている」ことが気になって、くつろげない。おもてなしの分、料金を上乗せされるくらいなら、いっそのこと何のサービスもなく安いほうが気楽ではるかにいいと感じる。

這么說來,我對“盛情款待”有點兒難以消受。因為“盛情款待”讓我聯想到高級賓館女服務員三指點地行最敬禮,低頭說“歡迎光臨”的場面。自己本來就是個普通百姓,不習慣被人伺候,住了高級賓館反而要“被他人照顧”,會感到很拘束。我覺得如果因為享受了這樣的盛情款待而要付出昂貴的住宿費,還不如沒有任何服務享受便宜價格更加舒心。

 

しかし、いたずらに高級サービスを提供し、その見返りとして高い料金を請求するよう行為は、実は「おもてなし」とは言えない。お金を払ってもらうからその見返りを提供するというのでは、サービスの域を出ず、「おもてなし」には、相手に対する純粋な思いやりが不可欠だからだ。その人が求めるものをその人の立場に立って考え、そっと控えめに、押しつけがましくならないように差し出す。それが日本本來の「おもてなし」だと思う。

但是,硬要提供高級服務,相應收取昂貴費用的行為,說實話算不上是“盛情款待”。收了對方的錢而提供相應的服務,這是服務的本份。要想做到“盛情款待”,必須要對客人付出純粹的關懷。站在對方的立場思考對方所需,不動聲色地、低調地、不強加于人地奉獻,我覺得這才是日式“盛情款待”的初心。

注釈

三つ指つくとは、畳に正座してお辭儀をする際に、3本の指を床につけて頭を下げるしぐさのことを指し、丁寧に禮をすることの喩え。「三つ指ついて挨拶する」はあくまで慣用句であり、実際に丁寧なあいさつをするときには3本の指ではなく、すべての指を床につけるのが正しいマナー。

三指點地行最敬禮,就是端坐在榻榻米上行禮的時候,將三根手指(食指、中指、無名指)拄地,同時低頭,比喻恭恭敬敬地行禮。“三指點地問候”其實是個慣用語,實際上真正恭恭敬敬問候的時候,不僅僅是三根手指,而是要將所有手指都拄在地上才是規范的禮儀。

 

 

 

関連文章
31选7规则及奖金