第2回中國國際輸入博覧會 トルコの展示品コンテナ2基が上海に到著

2019-10-15 15:08:22

 

洋山港に入港したトルコの展示品を積んだ「CGM ARKANSAS (撮影?楊大勇)

2回中國國際輸入博覧會で展示されるトルコの編み物、刺繡、銀製工蕓品などの展示品を積んだマルタ籍の船「CGM ARKANSAS」が12日午前、上海の洋山港に入港した。中國新聞網が伝えた。

同船に積載された40フィートのコンテナ2(合わせて約100立方メートル)には、陶磁器、タオル地の製品、編み物製品、金屬製の食器、工蕓製品、醫療器具など、トルコの特色ある製品100種類以上が含まれている。海外から船で中國に既に輸送された今回の博覧會の展示品の中では、種類が最も多い。

今回出展する製品の多くは、トルコだけでなく、歐州諸國でも広く知られている企業の商品となっており、出展企業は、中國の巨大な消費のポテンシャルに目を付け、今回の博覧會では専用ブースを設置する。

洋山出入國検査所、通関地の審査機関が連攜し、中國國際輸入博覧會関連の船舶、人員、貨物の通関?入國手続きが一括で行えるようにしているため、その手続きは非常にスピーディーだ。

 

船舶、人員、貨物の通関?入國手続きを一括で行う洋山出入國検査所と通関地審査機関 (撮影?楊大勇)

洋山港は、歐州や米國などの港と結ぶ便が非常に多いため、同博覧會の開催が近づくにつれて、その展示品を積んだ船がどんどん入港しており、今ピークを迎えようとしている。洋山出入國検査所の関係者は取材に対して、「當所は通関手続きをする博覧會の展示品の性質に基づいたマニュアルを制定している。船舶企業やその代理機関と事前に連絡を取り、入港する船舶の関連情報を取得するようにしている。また、船舶が入港する前に、船舶や船員のオンライン審査を行うなど、迅速な手続き、オンライン手続き、協同手続きなどを用意し、海事、稅関などの通関地審査機関と共同で通関手続き行い、スピーディーに展示品の通関手続きが行えるようにしている」と説明する。

「人民網日本語版」 20191015

関連文章
31选7规则及奖金