「2019年笹川杯日本研究論文コンクール」決勝戦が吉林大學で開催

2019-10-16 14:38:22

 

 

特等賞の受賞者を表彰する大島美恵子會長(右端)、修剛主任委員(左から2人目)と周異夫院長(左端)(寫真?人民網 許永新)

2019年笹川杯日本研究論文コンクール」の決勝戦が1011日と12日に吉林大學で、教育部高等學校外國語言文學類専業教學指導委員會日語分委員會中國日語教學研究會、吉林大學、日本科學協會の共催で盛大に開催された。  同コンクールは、中國の日本語學部の學生の日本語力や問題意識を高め、中日文化に対する理解を深めることを目指すと同時に、大學の日本語教師の教授?指導能力を促進し、日本語人材の育成レベルを高めることに大きな意味を持っている。

 今年開催2年目となる同コンクールは、吉林大學や北京大學、南開大學、北京外國語大學、上海外國語大學、広東外語外貿大學など57校から合計262の応募作品があった。そのうち、文學部門が61本、社會?文化部門が160本、言語部門が41本だった。

 最終的に、27校から30本の論文が選出され、決勝戦の研究発表が行われた。決勝戦は選手の論文発表(15分間)と質疑応答(10分間)という2パートに分かれており、全て日本語で行われる。発表中、選手たちはしっかりとした日本語能力、迅速な対応能力、そして豊富な知識を示し、會場の雰囲気を盛り上げ、観客から盛大な拍手を受けた。激しい戦いを制した同済大學の呉沁霖さんと上海外國語大學の王竣磊さんはそれぞれ、社會?文化部門と言語部門の特等賞を受賞した。文學部門の特等賞は該當者なしだった。

 授賞式では、日本科學協會の大島美恵子會長や教育部高等學校日語専門教學指導分委員會の修剛主任委員、中國日語教學研究會會長、吉林大學外國語學院の周異夫院長がそれぞれあいさつを述べた。

 

 吉林大學の王利鋒副學長(左から7人目)と來賓、審査員の方々(寫真?人民網 許永新)

 

関連文章
31选7规则及奖金